ビル外壁洗浄
窓ガラス清掃
カーペット清掃
椅子クリーニング
エアコンクリーニング
床・ブラインド・蛍光灯清掃
鳩対策
ご利用ガイド・料金
会社案内・スタッフ紹介
お問合せ・お見積
HOME
ビル清掃おまかせネット
エアコンクリーニングの技術/作業の流れ
エアコンクリーニングサービス エアコンクリーニングの流れ
安いのに高品質。見えないところにも手を抜かず。隅々までこだわりの技術で。
エアコンクリーニングには、実は様々な種類があります。クリーニング料金も1機あたり数千円から5万円超と様々です。では何を基準に選べばよいのでしょうか。

数千円程度の格安業者では掃除機やスチーム、洗浄スプレーなどでクリーニングを行っています。確かに安く短時間でできるのですが、気休め程度にしか汚れが取れないのが現実です。また間違った洗浄方法によって逆にエアコン性能が落ちた、という話もよく耳にします。
 
2万円前後のクリーニングサービスが一般的に多く、大手業者もこの価格帯です。ただし、取り外しや分解をせずに行うため、汚れが落ちにくく、すすぎも十分ではないというデメリットがあります。洗剤が残るため、熱交換器やファンなどのパーツも傷めやすいといわれています。

では私たちはどうでしょうか。エアコンを取り外し、パーツごとに丁寧に洗浄する方法で、隅々まできれいに仕上げます。1時間程度で終わる他の方法より時間はかかりますが、その洗浄品質は好評を頂いています。
フィルター交換だけではダメなの?
  フィルター洗浄は機種にもよりますが、本来は2週間に1度程度の洗浄が推奨されています。エアコンクリーニングといえばこのフィルター洗浄を思い浮かべるお客様もいらっしゃいますが、実はまったく違います。

エアコンの内部のアルミのフィンに詰まっている、ホコリやバクテリア、カビをしっかり取り除かなければ、20年といわれるエアコンの寿命を大きく縮めてしまいます。
 
エアコンクリーニング清掃作業の流れ(天井埋込式の場合)
現場の確認とご挨拶
 
安全に作業ができるよう、現場監督が建物内部の状況を確認します。
お客さまやテナント様へのご挨拶を行います。
終了予定時刻や当日の作業の流れをご説明します。
 
 
 
  準備をします。
 
万が一汚れると困るものは事前に許可を得て移動します。
テナント様にご迷惑にならないよう素早く行います。
エアコンの性能状態をつかむため試運転を行います。
 
 
 
  エアコン部品の取り外し
 
エアコンフィルターやパネル、ファンなどを丁寧に取り外します。

 
before   after
 
 
  熱交換の洗浄
 
回りに水が飛ばないように防水シートを取り付けます。
アルミのフィンをブラッシングしながら丁寧に掃除機で吸い取っていきます。
ここまで行う業者は実は少ないのが現状です。しかしこの作業を行うことでエアコン寿命や性能は大きく変わります。
 
before after
 
 
 
  取り外した部分の洗浄
 
フィルターやパネル・ファンなどを丁寧に洗います。
 
before after
 
 
  カビの付着を取り除き、汚水を回収します
 
専用の洗剤でエアコン内部のカビを落としていきます。
汚水も回収します。
付着したカビです。
 
こんなに真っ黒な汚れがついていました。
 
 
 
  乾燥、組み立て
 
水気をしっかり取り、専用の繊維でふき取り、乾燥させます。
分解したパーツを元に戻していきます。
 
 
 
  後片付けとご報告
 
試運転を行い、きちんと作動するかを確認します。
エアコンの外部のパネルをきれいに拭きます。
後片付けをして、お客さまにご報告いたします。
お問合せやお見積はお気軽に。
お電話(03-5215-2875)、または専用フォームからお気軽にご連絡ください。
 
 
エアコンクリーニングサービス エアコンクリーニングの流れ
ビル外壁洗浄|エアコンクリーニング|窓ガラス清掃床掃除鳩対策カーペット清掃椅子クリーニング
お問合せ・お見積会社概要
Copyright(C)2005 ASL All Rights Reserved.